霧に橋を架ける

著:キジ・ジョンスン 訳:三角和代

1,119円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    人間を寄せつけない“霧”の大河に初めての橋を架けようとする人々の苦闘と絆を描き、ヒューゴー賞とネビュラ賞をダブル受賞した表題作。宇宙で遭難した女性と、圧倒的に異質な相手の邂逅を描く、ネビュラ賞受賞の衝撃作「スパー」。消失と再出現を繰り返す猿たちのサーカスとともに旅する女性が出合う奇跡を描いた、世界幻想文学大賞受賞中編「26モンキーズ、そして時の裂け目」。現代SF界きっての短編の名手が、孤独を抱えたものたちの不可思議な出会いとふれあい、そして別れを鮮やかに描く。数々の賞に輝く傑作11編を収めた幻想SF短編集。/解説=橋本輝幸

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/04/29Posted by ブクログ

      本屋でカバー買い.ヒューゴー賞,ネビュラ賞,世界幻想文学大賞受賞,というカバーの文句は伊達ではなく,とても良い本に巡り会えたと思う.
      SFと思って読むと間違いで,むしろ,南米の作家の書く小説の,奇妙な...

      続きを読む
    • 2017/03/29Posted by ブクログ

      短編集
      スペキュレイティブ・フィクションて区分けがあるんですね

      『26モンキーズ、そして時の裂け目』★★★★
      『スパー』★★★
      『水の名前』★★★
      『噛みつき猫』★★★
      『シュレディンガーの娼館キャ...

      続きを読む
    • 2017/02/28Posted by ブクログ

      帯に惹かれて購入。この頃はネビュラ・ヒューゴダブル受賞って結構珍しくなくなったのかなぁ。
      とりあえず色々取り揃えてますよ、という短編集。面白かったです。

      「26モンキーズ、そして時の裂け目」
      なんか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード