メダリストに学ぶ前人未到の結果を出す力

松原孝臣

1,267円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ▼本書で登場する選手と名言(一部抜粋)オリジナルを作り上げなきゃ、世界では勝てない陸上/室伏広治→日本人では大柄だが、ハンマー投げの世界基準では小柄な室伏選手。 そんな彼が「投網トレーニング」などをはじめとする、類を見ない独特な努力を積み重ねたワケ。日本人にできないと言われていたが、僕にできないとは聞いたことがなかったボクシング/村田諒太→ボクシングミドル級でメダルを取った日本人はかつていなかった。 その念願のメダルを獲れると確信できた、その自信の根拠とは何だったのか?自分をイチバンに信じてあげる体操/白井健三→高校2年生、17歳と1ヶ月で、世界選手権・ゆかで金メダル。 史上最年少の獲得を実現したのは、ベテラン選手級の物怖じのなさだった。頼っていては勝てない。試合では一人ウェイトリフティング/三宅宏実→元オリンピック銅メダリストの父をコーチとして競技を始めた三宅。 偉大な父からの精神的独立が、日本史上初の父娘でのメダルを生む。俺は伝説になった陸上/ウサイン・ボルト→彼の華麗な実績、強気な発言に隠された、苦悩と努力。 脊椎湾曲症による、スタートの練習不足という弱点をいかに乗り越えたのか。私に限界があるとしたら、空だけね陸上/エレーナ・イシンバエワ→すでに金メダルを確定させ、残す最後の跳躍に寄せられる、9万人の聴衆の「世界新」を期待する手拍子。 プレッシャーを跳ね除け、不可能と考えられていた5m超えを達成できたのはなぜか。何もなしに「自主的に判断しろ」と言ってもできるはずがありませんサッカー/佐々木則夫→「なでしこジャパン」を率いて、ワールドカップ優勝、五輪銀メダルを実現させた名将。 その物腰柔らかな指導の裏に通底する哲学とは?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード