【最新刊】北海道へいこう! はしる! 新幹線「はやぶさ」

北海道へいこう! はしる! 新幹線「はやぶさ」

1冊

作/絵:鎌田歩

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    はるきくんとお母さんは、東京駅にやってきました。北海道まで新幹線でいくのです。はるきくんは新幹線にのるのも、北海道へいくのもはじめてです。東京駅を出発してしばらくすると、時速320キロに。新青森駅に近づくと、縄文時代の遺跡、三内丸山遺跡がみえました。新青森駅をすぎると、本州のはじっこ、青森湾がみえてきました。いよいよ青函トンネルです。ここでは、貨物列車とすれちがうときの安全のために、新幹線の速度は時速140キロまでにきめられています。トンネルをぬけると北海道。窓の景色も、津軽海峡、駒ヶ岳……と、どんどん移りかわっていきます。終点・新函館北斗駅到着後は、在来線で函館までいき、ロープウェイで函館山へ。はるきくんがはじめてみる雄大な北海道の景色です。『はしる! 新幹線「のぞみ」』『はしる! 新幹線「スーパーこまち」』『はしる! 新幹線「かがやき」』に続く、「はしる! 新幹線」シリーズの第4弾です。

    続きを読む
    ページ数
    41ページ
    提供開始日
    2016/08/19
    連載誌/レーベル
    PHPにこにこえほん
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    絵本

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/19Posted by ブクログ

      北海道はやぶさ。山形新幹線、貨物列車とのすれ違いや青函トンネル。ちょっとした解説もあり。

      C8765

    • 2017/10/24Posted by ブクログ

      読み始め:3歳

      「はしる!新幹線」シリーズの絵本。
      特に大好きなはやぶさは、何度も何度も繰り返し読んでいます。
      まずは冒頭の東京駅から「いってみたいな〜」と、憧れを募らせています。

    セーフモード