ケルン市警オド 2巻

青池保子

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

街はずれで発見された少年の遺体に事件性を感じたオド。その死の真相に迫るべく捜査をするうちに、ケルンの古参貴族・ニクラス・ベルガーの農園奥深くに猛毒植物・トリカブトの大群生地を発見し……!?

続きを読む
  • ケルン市警オド 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ケルン市警オド 全 5 巻

    2,200円(税込)
    22pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 2017/06/25

    期待どおり、設定が凝っていておもしろかった❗

    そしてやはり、中世の推理(捜査)モノなら、修道士とトリカブトなんだなぁと。カドフェルシリーズを懐かしく思い出しながら読んだが、この作品も、プロットの凝り...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2017/06/22

    二巻出てた。
    昔はミツバチをあんな感じの籐のザルみたいなので飼ってたんだろうか?面白いな。
    そしてトリカブトコワイ。根に毒があるのは知ってたけど蜜にもあるのか~ 怖いな、トリカブト…。

    Posted by ブクログ
  • 2017/06/22

    修道士ファルコのスピンオフ、2巻目。中世ドイツ、ケルンの役人オドを主人公にした推理もの。これ1冊で充分読めます。

    街はずれで少年の遺体が発見される。死因は毒物に思われたが、遺体の近くには吐瀉物などの...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード