かあちゃん

重松清

812円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    同僚を巻き添えに、自らも交通事故で死んだ父の罪を背負い、生涯自分に、笑うことも、幸せになることも禁じたおふくろ。いじめの傍観者だった日々の焦りと苦しみを、うまく伝えられない僕。精いっぱい「母ちゃん」を生きる女性と、言葉にできない母への思いを抱える子どもたち。著者が初めて描く「母と子」の物語。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    97
    5
    41
    4
    46
    3
    8
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/24Posted by ブクログ

      同僚を巻き添えに自らも交通事故死した父の罪を背負う母。母を精一杯生きる女性と、その子どもたちの物語。
      重松さんが初めて描く「母と子」の物語。笑うことも幸せになることも禁じる母の姿は、亡くなった同僚の家...

      続きを読む
    • 2019/03/28Posted by ブクログ

      電車で涙がぽろっとでちゃいました。
      というようなフレーズのレビューがあると期待値高くなるので、構えず読んでほしいです。参考程度に

    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      償い続ける事の重さを教わった。どんな事があろうと償い続ける、かあちゃんの姿。こんな風に私には出来ない。最後、もちろん号泣でした。笑顔を捨てた長い時間、私には想像出来ないです。

    開く

    セーフモード