【最新刊】戦争の社会学~はじめての軍事・戦争入門~

戦争の社会学~はじめての軍事・戦争入門~

橋爪大三郎

803円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人よ、戦争を知らずして、“戦争反対”と叫んでいないだろうか? 「古代~中世の戦争史」「グロチウスと国際法」「クラウゼヴィッツの戦争論」「日本軍の奇妙さ」「核兵器と戦後」そして「現代のテロリズム」まで――社会現象としての戦争を、縦横無尽に書き下ろした12章。橋爪流に読み解く“戦争で見る世界史”“戦争で見る地政学”。改憲の議論が喧しい今こそおさえておきたい、現代人の必須教養が一冊に!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/08/12
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ビジネス
    • 戦争の社会学~はじめての軍事・戦争入門~ 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      戦争の社会学~はじめての軍事・戦争入門~ 全 1 巻

      803円(税込)
      8pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(15件)
    • 戦争の社会学~は...2019/02/16Posted by ブクログ

      GW課題図書その4。

      少なくとも今までの数千年?の間は、戦争は人類の歴史に当然のように存在したということを認めた上で、それがどんなもんで、どのように進められてきたのか、という本。

      自分でも理由はわ...

      続きを読む
    • 戦争の社会学~は...2019/05/24Posted by ブクログ

      面白かったことを3つ。

      現代の戦争では、戦時国際法というルールがある。
      捕虜は、権利。
      国家において、正式な軍に所属する軍人は、
      基本的に生還が原則。
      捕虜は、それがかなわない時に、命を保証してもら...

      続きを読む
    • 戦争の社会学~は...2016/09/11Posted by ブクログ

      制定法たる各国の国内法や条約はもとより、明文化されていない慣習法にも優先するとされる戦時法。それは戦時法が「自然法」としての性格を持つからに他ならないが、なぜ明文を持たない自然法が他の制定法よりも強く...

      続きを読む
    開く

    セーフモード