【最新刊】1年後の3.11 被災地のオフレコ話

1年後の3.11 被災地のオフレコ話

1冊

ゆうみ・えこ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    2011年3月11日14時46分。東日本大震災。宮城県在住マンガ家が明かす報道されなかった真実の数々。死体の指を切り指輪を盗む泥棒、津波から逃げる為に人を轢きながら走る車、Vサインで記念撮影をする若者、津波から帰ってきた猫など、実際に見て、聞いて、感じた被災者だからこそ知り得る、決してテレビでは報道されず、闇に隠れていた本当にあったオフレコ話。『人はその時、鬼畜にもなる』決して他人事ではない現実。震災を通して命の重さと絆、人の表と裏を赤裸々に描くショートエッセイ。※本作品は『1年後の3.11―被災地13のオフレコ話』を電子配信用に再編集したものです。「第6話 サバイバー」は関係者への配慮から本作品には収録されておりません。ご了承ください。

    続きを読む
    ページ数
    122ページ
    提供開始日
    2016/08/12
    連載誌/レーベル
    家庭サスペンス
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    2.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2016/11/01匿名
      ワガママすぎ

      作者がワガママすぎる文句をぶつけ過ぎてて後味がわるい。

    • 2012/03/09Posted by ブクログ

      リアルな声が聞けて、読後感は意外と爽やか。
      でも報道されない事柄に関しては、むしろやっぱりあったんだと妙に納得。

    セーフモード