【最新刊】ゴースト・ギャロップ ‐蒼空の幽霊機‐

ゴースト・ギャロップ

著者:富永浩史 イラスト:おぐち

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    弱視を理由に軍を解雇された【撃墜王】ヴェロス。エアレースで日銭を稼ぐ彼の元に、無制限渡洋大レース「亡霊大騎行」開催の報と、伝説の「幽霊機」の噂が舞い込み――?

    続きを読む
    提供開始日
    2016/09/15
    連載誌/レーベル
    NOVEL 0
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 1巻

      飛行機に魅せられた、ろくでなしの飛行機乗りとその息子の物語。気持ちのいい話だった。続編をにおわせるようなことがあとがきに書いてあったので、楽しみにします。

    • 1巻

      現代より化学力が劣る世界での、エアレースの話。エアレースはあまり詳しくはないが(興味はある)、それでもレースのシーンは迫力あったし、面白かった。飛行機と共に生きた一人の男の人生。「幽霊機」の過去とかあ...

      続きを読む
    • 1巻

      エアレースの話。あまり飛行機自体は好きではないけれど、話となるとなんか面白い。また親子という関係性も良かった。今後も続きそうで何より。今回の話の前も後も読んでみたい。

    • 1巻

      軍を解雇されたエースの男が、かつて別れた自らの息子と、幽霊と呼ばれる戦闘機と出会い始まる物語。―――蒼空を駆ける、呪われし機体を相棒にして。曰くつきの、幾人もの操縦者との出会いと別れを繰り返してきた幽...

      続きを読む
    • 1巻

      なんていうか、「男って皆、いつまでも子供」みたいなテーマなのかな? かつての撃墜王ながら、今はエアレースで日銭を稼ぐヴェロス、そこに現れたのは、生き別れの息子・サウル。しかし、張り切るヴェロスだが、結...

      続きを読む

    セーフモード