目隠し越しのエクスタシー【フォン・エスリン伯爵夫人の秘めごと III】

アリソン・リチャードソン 翻訳:相野みちる

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    伯爵未亡人アナ・フォン・エスリンは、ここ2年ほど独り寝をかこつ暮らしだった。30代に入ったばかりで、まさに熟れた果実ともいうべき身体をもてあましているのは、ひとえにジェームズ・マッキアナンという憎らしい男のせいだ。爵位も持たないくせに、科学技術者としてのし上がり、王室からも一目置かれる男。彼は本気でアナを妻にと望み、舞踏会で、晩餐会で、彼女と顔を合わせる度に、誘惑の触手で絡めとろうとする。二人の身分差などおかまいなしに。そんな彼の傲慢さがいやでたまらないのに、ほかの男では満足できない。悶々とするアナに、いとこのロバートが“君がいちばん欲しがっているもの”を贈ってくれた。それは究極の愛の技巧を持った“理想の愛人”――。ただし、目隠しをしていなければ会えない、謎の愛人だった。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード