北京から来た男 下

著:ヘニング・マンケル 訳:柳沢由実子

1,222円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    亡くなった母が幼少時を過ごしていたという、殺人現場の家を訪れたビルギッタは、密かに数冊のノートを持ち出した。その中に記された“ネヴァダ”の文字が目に飛びこんできたからだ。それはスウェーデンの寒村で起きたのとそっくりの血塗られた事件が起きた土地。日記は1860年代に書かれたもので、アメリカ大陸横断鉄道敷設工事の現場監督が残したものだった。貧しさにあえぐ19世紀の中国の寒村、鉄道建設に沸く開拓時代のアメリカ、そして発展著しい現代の中国、アフリカ。現代の予言者マンケルによる、ミステリを超えた金字塔的作品。

    続きを読む
    • 北京から来た男 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      北京から来た男 全 2 巻

      2,444円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    • 2019/07/04Posted by ブクログ

      ヘニング・マンケル『北京から来た男 (下)』創元推理文庫。

      ヴァランダー・シリーズではなく、女性裁判官・ビルギッタを主人公にしたノン・シリーズ。

      いきなりの驚愕の描写から始まった物語はスウェーデン...

      続きを読む
    • 2019/07/04Posted by ブクログ

      ヘニング・マンケル『北京から来た男 (上)』創元推理文庫。

      長らく寝かせていた文庫本。遂にヘニング・マンケルの未読の文庫本は本作のみとなった。ヴァランダー・シリーズではなく、女性裁判官・ビルギッタを...

      続きを読む
    • 2016/09/15Posted by ブクログ

      ヘニング・マンケルは<刑事ヴァランダー>のシリーズでよく知られる作家だが、単発の作品も多い。この邦題を英訳から引っ張って来たという『北京から来た男』もそうした単発の大作である。<刑事ヴァランダー>でも...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001666944","price":"1222"}]

    セーフモード