P+D BOOKS 夜の三部作

福永武彦

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    人間の“暗黒意識”を主題にした三部作。人間の奥深い内部で不気味に蠢き、内側からその人を突き動かそうとする“暗黒意識”を主題に書かれた『冥府』『深淵』『夜の時間』の三部作。作家・福永武彦の死生観が滲み出た作品群だが、各ストーリーにつながりはない。「僕は既に死んだ人間だ。これは比喩的にいうのでも、寓意的にいうのでもない。僕は既に死んだ」という書き出しで始まる『冥府』は、死後の世界を舞台にした幻想的な作品。『深淵』は敬虔なクリスチャンの女性と、野獣のごとき本能むきだしの男との奇妙な愛を描いた物語。二人それぞれが一人称の告白体で、サスペンス的な要素も色濃い作品。『夜の時間』は、男女の三角関係を、過去と現在の二重時間軸構造で描くロマンあふれる作品。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード