世界を変えた6つの「気晴らし」の物語 新・人類進化史II

スティーブン・ジョンソン 訳:大田直子

1,728円(税込)
ポイント 17pt

通常ポイント:17pt

数々の新聞書評などで紹介され話題となった『世界をつくった6つの革命の物語』の第2弾。ショッピング、音楽、ゲームなど人々が新しい「気晴らし」を追求する中で思いがけず生まれた文化や技術の発明、産業の発展の歴史をひもとく。

続きを読む

レビュー

3.8
6
5
1
4
3
3
2
2
0
1
0
  • 2018/11/25Posted by ブクログ

    遊びや無駄や気晴らしが社会を変える力になった、という話はすごく、面白い。 が、良くかえることももちろんあるけれど、悪くなった部分が語られていない。副作用はついて、なんとなく考えてしまう。 本は総じて面...

    続きを読む
  • 2018/10/28Posted by ブクログ

    【由来】 ・MediaMarkerのトップページで 【期待したもの】 ・ 【要約】 ・ 【ノート】 ・ 歴史を動かしてきたのは大きくて「真面目な」歴史的プレーヤーとは限らない。例えば産業革命を促...

    続きを読む
  • 2018/07/16Posted by ブクログ

    ホイジンガは言った。 「ずいぶん以前からのことであるが、私の心のなかでは、人間文化は遊びのなかにおいて、遊びとして発生し、展開してきたのだ、という確信がしだいに強まる一方であった」 人は、遊ぶもの...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード