中世音楽の精神史

金澤正剛

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    祈りの表現から誕生・発展したポリフォニー音楽、聖歌伝播のために進められた理論構築と音楽教育、楽譜の創造……キリスト教と密接に結び付きながら発展してきた中世音楽の謎に迫る。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/02Posted by ブクログ

      ・中世における音楽の扱い方と教育課程
      ・フランスとイタリアの対比
      ・4/4拍子で""C""が使われるワケ(計量音楽)

    • 2017/09/21Posted by ブクログ

      中世の人々が音楽とは何かを考え、どのように接してきたのかを解説した本です。
      数学的な学問として解こうとしたというその頃の音楽理論。宗教音楽としてのかかわりと発展。人々の音楽に求めるものとその世俗音楽の...

      続きを読む
    • 2015/02/06Posted by ブクログ

      祈りの表現から誕生・発展したポリフォニー音楽、聖歌伝播のために進められた理論構築と音楽教育、楽譜の創造……キリスト教と密接に結び付きながら発展してきた中世音楽の謎に迫る。

    セーフモード