コロンブスの犬

管啓次郎

1,045円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『野生哲学』などで注目の詩人思想家の伝説的なデビュー作が港千尋の写真とともに二十二年をへて復活。サンパウロに滞在しながら旅を、そして世界を問うみずみずしい反旅行記。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/08Posted by ブクログ

      10/12はコロンブス・デー
      アメリカやアルゼンチンなどでは、
      コロンブスが新大陸アメリカに到達した日として記念日になりました。

    • 2017/10/24Posted by ブクログ

      詩情豊かな、行ったことのない30年前のブラジルに行った気にさせてくれるエッセイ、紀行、雑感。読んでるだけで異世界に連れていってくれるような感覚を味わえる。/以下備忘録的に。死刑のない国で、被害者の中に...

      続きを読む
    • 2014/09/14Posted by ブクログ

      旅とはなんだろうか。一体旅に目的が必要なのだろうか。観光するだけが旅なのか。なぜ人は旅をするんだろう。

      「移動とは特権的な体験であり、愚劣さと楽しさ、臆面のなさと勇気が、そこではしょっちゅうとりちが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード