【最新刊】おなかがすく話

おなかがすく話

1冊

小林カツ代

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    著者が若き日に綴った、レシピ研究、買物癖、外食とのつきあい方、移り変わる食材との対話──。食への好奇心がみずみずしくきらめく、抱腹絶倒のエッセイ四十九篇に、後日談とレシピをあらたに収録。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/08/04
    連載誌/レーベル
    河出文庫

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/05/04Posted by ブクログ

      カツ代さんはチャーミングな方だなあ。内容的な事はちょっと時代を感じるけど、あの口調なんかを思い出しながら読んでた。お弟子さんのその後も興味深い。ご本人画のイラストかわいいな。

    • 2015/12/19Posted by ブクログ

      2015.12.19市立図書館
      20年ぐらい前のエッセイにお弟子さん(本田明子さん)による後日譚や登場した料理のレシピを補った一冊。若いころの思い出話や失敗談、ともだちのこと、食べ物のことなど、気楽に...

      続きを読む
    • 2015/08/06Posted by ブクログ

      「食に携わる人間は、つねに政治に敏感であること」とおっしゃっていたそうです。平和あってこその食べものだから。
      食べることを大切にし、おいしいものが大好きな人はみんな、食に携わる人間だ。肝に銘じておこう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード