少女不十分

西尾維新

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    悪いがこの本に粗筋なんてない。これは小説ではないからだ。だから起承転結やサプライズ、気の利いた落ちを求められても、きっとその期待には応えられない。これは昔の話であり、過去の話であり、終わった話だ。記憶もあやふやな10年前の話であり、どんな未来にも繋がっていない。いずれにしても娯楽としてはお勧めできないわけだが、ただしそれでも、ひとつだけ言えることがある。僕はこの本を書くのに、10年かかった。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    7
    5
    1
    4
    2
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/02/06Posted by ブクログ

      多作の作家が10年前の大学時代の7日間を回想した小説。

      大学生が10歳の少女に拉致監禁される。
      異常な出来事と異常なふたり。
      しかしやがて少女の行動の原因が明らかになる

      西尾維新あるあるだけど
      ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/08/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/08/13Posted by ブクログ

      どこにでもいるありきたりでかわいそうな少女とどこにでもいる優柔不断な作家志望の大学生。
      そんな、二人の七日間のお話。

      十年後、無事作家デビューした「僕」が当時を思い返し起こった「事件」を綴っていくと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード