人はなぜ不倫をするのか

亀山早苗

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    婚姻関係の外での恋愛やセックスは、個人の倫理観や道徳感にゆだねられてきた。しかし生物として、動物として、人はどのような心、体のしくみで不倫をするのか。それを各界の専門家が解明する。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    10
    5
    4
    4
    5
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/24Posted by ブクログ

      結婚したからには不倫とは真剣に向き合ってくでしょ、なんか不倫に関する本って個人の感情論になりがちで重たくて読む気になれないんだけど、これは学問からの視点がしっかりしてて個人のお気持ちは感想レベルでライ...

      続きを読む
    • 2019/09/27Posted by ブクログ

      様々な学者が男女の関係について語る一冊。

      帯表紙にあるように、どの学者も不倫というか1対多(多対多)の恋愛を否定してないのが印象的だった。

    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      2017.05.28 KKさんの本棚より

      あぁなんという・・・原始時代、ホモサピエンスは乱婚だったという。日本も江戸時代まではそうだった。特に江戸は、圧倒的に男性人口>女性人口だったため、1人の女性...

      続きを読む
    開く

    セーフモード