沿線格差

首都圏鉄道路線研究会

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    主要ターミナル駅から、郊外に向けて放射線状に伸びていく鉄道路線。私たちが毎日通勤の手段として活用しているこれらの各路線に固有のイメージ、路線間のヒエラルキー(序列)はどのようにして誕生したのか? 各路線を通信簿でシビアに採点すると共に、哀しくも可笑しい「沿線格差」を愉しみつくす! 「それが、東上クオリティ」自虐ネタが得意な東武東上線、「自称」ハイソでセレブな奥様の巣窟、東急東横線、成城学園、新百合ヶ丘などブランドタウンを有するが、本厚木以西は地方鉄道。乗客も農民主体!? な小田急線、痴漢が潜んでいるけど巻き込まれるのが面倒なのでかかわりたくないと思っている埼京線、東京で屈指の住みたい街が密集するアッパー沿線であり、中野~吉祥寺間は上京者の憧れゾーンである中央線、酒盛り列車と揶揄されても気にしていないどころか参加している常磐線、などなど――各路線の噂(都市伝説?)やイメージを徹底検証! この本を読めば、「首都圏沿線あるある」として話が盛り上がること間違いなし! そして毎日自分の通勤している路線がいとおしくなる!?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード