【最新刊】世界史としての日本史(小学館新書)

世界史としての日本史(小学館新書)

半藤一利(著)/出口治明(著)

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    これがいまを生き抜くための教養だ!世界史の圧倒的教養を誇るライフネット生命会長・出口治明氏と、『日本のいちばん長い日』などで知られる日本近現代史の歴史探偵・半藤一利氏が初対談。「日本は特別な国という思い込みを捨てろ」「なぜ戦争の歴史から目を背けるのか」「アメリカを通してしか世界を見ないのは危険だ」など、日本人の歴史観を覆す世界の見方を伝授。「世界のなかの日本」の地位を正確に知ることが、いまの時代を生き抜く最低限の教養なのだ。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/08/05
    連載誌/レーベル
    小学館新書

    レビュー

    3.9
    22
    5
    4
    4
    12
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/08/20Posted by ブクログ

      稀代の教養人である半藤・出口両氏の対談本。

      まず、両氏の尋常ならざる読書量に驚かされる。
      そして、自分の不勉強さと無教養を思い知らされる。

      主たるテーマは、近現代の日本を、世界史の流れと結びつけて...

      続きを読む
    • 2016/10/28Posted by ブクログ

      現代史にあまり興味はなかったが、一般教養として手に取ってみた。非常に勉強になったし、現代史を勉強しないといけないと思った。

      一つの事象、判断をその小さな視点だけでしか見ないのが今までの日本史だと感じ...

      続きを読む
    • 2018/01/08Posted by ブクログ

      歴史上の具体的な事実や明確な数値データを用いて、メディアにはびこる「日本すごいブーム」や、隣国に対する見苦しい誹謗中傷「嫌韓・嫌中」を真っ向から叩っ斬る書。本当に見つめなければならない日本の現状や未来...

      続きを読む
    開く

    セーフモード