【最新刊】魚が食べられなくなる日(小学館新書)

魚が食べられなくなる日(小学館新書)

1冊

勝川俊雄

858円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    なぜホッケは高くて小さくなったのか?居酒屋で出てくるホッケ、最近はは小さいと思いませんか。小さいどころか、ホッケを置いていない店も増えています。ホッケの漁獲量は、なんと最盛期の9割減。大きな魚を獲り尽くして、いまは成長しきっていない小さいホッケまで獲っている状態なのです。ホッケだけではありません。サバは7割減、クロマグロやウナギはすでに絶滅危惧種です。輸入魚も、世界的和食ブームの影響で、価格が上がっています。このままでは本当に、魚はめったに食べられなくなってしまいます。日本は世界第6位の広大な排他的経済水域をもつ漁業大国だったはずなのに、なぜこうなってしまったのでしょうか。中国漁船の乱獲? クジラが食べ尽くした? 地球温暖化の影響? いいえ、そうではありません。日本の漁業が抱えている大問題を気鋭の水産学者が解き明かし、日本人がこれからも美味しい魚を食べ続けるにはどうしたらいいかをわかりやすく解説します。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/08/05
    連載誌/レーベル
    小学館新書

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード