生きているかぎり語りつづける

舘林愛

1,458円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    16才の時に長崎で被爆し、背中一面のケロイドなど重症を負った谷口稜曄(すみてる)さんの体験を伝え続けるための絵本です。作者はニューヨーク在住のイラストレーターで、アメリカで発売された英語版の日本語翻訳版として発刊します。谷口さんは、2015年の長崎原爆式典でスピーチを行い、ノーベル平和賞の候補にもなりました。谷口さんが生きているかぎり語りたいメッセージが込められた作品です。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード