世界のエリートがやっている 最高の休息法

久賀谷亮

1,485円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える】「疲れがとれない…」こんなに休んだのになぜ?――アイドリング状態でも勝手に疲労を溜めていく脳には「科学的に正しい休ませ方」があった! 集中力や行動力を高める究極の休息メソッドを、イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    120
    5
    38
    4
    47
    3
    31
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/20Posted by ブクログ

      マインドフルネスがどのようなものかが対話的に描かれているため分かりやすい。時期的には嫌われる勇気が出版された時期に近いから、対話形式を真似るだけでつまらんかと思ったが、内容が良かったのでGOOD。
      ...

      続きを読む
    • 2020/03/20Posted by ブクログ

      メモ程度に。

      瞑想について関心を持ったので購入、まず最初に、脳は勝手に疲れていくという文面に興味を惹かれた。

      ディフォルト・モード・ネットワーク(DMN)という脳の働きによって脳全体の60〜80%...

      続きを読む
    • 2020/03/19Posted by ブクログ

      脳のアイドリング状態の時に浮かんでくる雑念が脳を疲労させる。雑念を抑えることで脳は休まる。

      呼吸に注意することで「いまここ」に。

      過去未来に思考が動くと休まらない。自動操縦になっているときにそうい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード