子供達をせめないで

完結

新井理恵

800円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    16歳の高校生。藤森睦月は、周囲の望むとおりのことをしていたはずが、いつしか家族や友達から孤立し人知れず苦しんでいた。そんな睦月の「自殺」を止めてくれたのは、ふと出会った小学生の少女・菜摘だった。運命ともいうべき出会いをした二人は、やがてお互いの「傷」を感じとり心を通い合わせていく……。互いにひかれ合う二人の気持ちをよそに、二人の出会いは周囲に少なからぬ波紋を呼ぶこととなるのだった。睦月と菜摘、二人の微妙で危険な関係の結末は!?

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/03/16Posted by ブクログ

      往々にしてギャグを描く人の話は、紙一重で重いシリアスであったりする。沈没したくないから笑い飛ばしてしまえ、ということ。では、笑って浮上できないほど、深く傷ついていたら……?現実に、こういう境遇の子供達...

      続きを読む
    • 2010/01/26Posted by ブクログ

      新井理恵作品の中では異色。
      暗くて痛い。
      M-エム-と一部テーマはかぶるかも。
      悲しい子供達に幸せな未来が待っていますように。
      終章の先に続く未来ならきっと大丈夫。

    セーフモード