絶対王者ルネ・デカルト。デカルトとその批判について20分くらいでざっくりわかる本。

大畠美紀/MBビジネス研究班

322円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。【書籍説明】空想討論の世界へようこそおいでくださいました。古今東西の哲学者が時空を超えて語り合う架空の世界、このたびのテーマは「近代哲学の父」デカルトです。哲学の歴史は批判の歴史でもあります。すべての哲学者たちは先人に学び、やがて自分の学説で先人を乗り越えるために批判を行ってきました。それにしても、デカルトほど後世に多大な影響を与え、そして大量の批判を浴びた哲学者はほかにいないのではないでしょうか。デカルト批判はかなり広範囲に及んでいます。ほぼ同時代人のホッブスやガッサンディ、スピノザといった人たちから、ごく最近ではラッセルやヴィトゲンシュタインまで及んでいるのです。これほど多くの人たちに批判されたということは、裏を返せばそれだけ多くの哲学者たちに読まれ、愛されたということで、やはりデカルトは偉大だったと思わざるをえなくなるわけです。哲学を学ぶ学生が必ず最初に読むというデカルト。その真価を、批判者たちと一緒に考えていきたいと思います。【目次】プロローグデカルト思想の概要「われ」の存在証明の否定信仰の問題カントによる神の存在証… 以上まえがきより抜粋

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード