悪口をバネに成長する。理不尽な陰口・悪口への対処法。まず聞く価値があるのか見極める。

上杉有/MBビジネス研究班

322円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。【書籍説明】誰でも一度や二度は、他人からの心ない悪口に傷つけられた経験があるのではないだろうか。自分がうっかりやらかしてしまった失敗が元で悪く言われたのなら仕方ないと思えるものの、得てして悪口というものは理不尽な場合が多い。例えば嫉妬やライバル心から囁かれる不当な悪評、相手の誤解による中傷、相性が悪かっただけのケース、あるいはただの八つ当たり、ストレス解消の的にされてしまったなんてケースも少なくない。この本では、そんな理不尽な悪口に傷ついている人たちへ、悪口を利用して成長するためのちょっとしたコツをお伝えしたい。私自身と私の友人、知人たちの経験を例に挙げながら、悪口が生まれるメカニズムについて考察し、悪口によって心に付いてしまった小さな(場合によってはとても大きな)傷を癒やし、その傷を大きな力に変えていくための方法を紹介している。悪口を力に変えることができれば、あなたを傷つけた人たちは恨むべき敵ではなく、自分を変えるきっかけを与えてくれた感謝すべき存在だと思えるようになるだろう。【目次】聞く価値のある悪口聞く価値のない悪口「聞く価値のない悪… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード