松下村塾の夢 久坂玄瑞と立つ

かぜの風太

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    現代の普通の大学生である荒木優太は、ある日から、幕末の長州藩に生きる武家の若者として生活する夢を見始める。その夢は一度や二度ではなく頻繁に見続け、しかも切れ目なく連続しため、本当に幕末で生きているように錯覚するほどだった。夢の中の生活では、日本は欧米諸国から占領される危険が迫っていた。荒木はその対策を考える吉田松陰が主宰する松下村塾で学ぶが、松陰が安政の大獄で処刑された後は塾の筆頭格である久坂玄瑞と行動を共にした。松陰の死後、しばらくは世の動きを静観していた久坂だが、桜田門外の変で時勢が変化し始めるとその波に乗り行動を開始する。幕末の若者がいかに純粋で必死に生きていたか、その心を学び、いつしかそれぞれが成長していく物語。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード