ユタとふしぎな仲間たち(新潮文庫)

三浦哲郎

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京育ちの少年・勇太は、父を事故で亡くし、母に連れられ東北の山あいにある湯ノ花村に移ってきた。村の子供たちになかなか馴染めず退屈な毎日を送っていたが、ひょんなことから不思議な座敷わらしたちと出会った。彼らとの交友のなかで、いつか勇太はたくましい少年へと成長していく――みちのくの風土と歴史への深い思いがユーモアに包まれ、詩的名文に結晶したメルヘン。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    26
    5
    5
    4
    12
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/24Posted by ブクログ

      父親を不慮の事故で失い、母とともに東北の田舎に引っ越してきたの勇太。村の子どもたちにはモヤシっこといじめられ友達もいなく、日々眠気と戦う日々だった。

      母が働く旅館で薪わりを担当するおじいさんに座敷童...

      続きを読む
    • 2019/07/13Posted by ブクログ

      座敷わらしの妖怪という存在を、日本の飢餓という歴史に結び付けてうまく体現している。子どもが主人公なので子どもでも読みやすい。田舎という特性もよく現していて、どんどんたくましくなっていく主人公のユタを見...

      続きを読む
    • 2019/03/25Posted by ブクログ

      父をなくした勇太が引っ越してきたさきで座敷わらしと出会う。勇太にもだんだん仲間ができ、成長していく。

      C0193

    開く

    セーフモード