夕ごはんたべた?(新潮文庫)

田辺聖子

1,199円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    尼崎の下町で皮膚科を開業する中年医者、吉水三太郎。子供たちは、学園紛争の後遺症で、いまだに内ゲバにまきこまれたり、高校を中退してシンナー遊びに走ったり。それに一喜一憂する妻の玉子。そんな中で、杓子定規な校長や無責任な親子関係論をブツ教育評論家に腹を立てながら、人生の喜びを味わっていく三太郎博士の眼を通して、本当のやさしさとは何かを考えさせるユーモア長編。

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/12/12Posted by ブクログ

      いつもたいへん読み易く、文章に引っ張られるようにしてあっという間に読めてしまう田辺聖子さんの作品にしては、読み辛かった。そして、時代を超越して面白い作品が多い中、この作品にはとても時代の違いを感じた。...

      続きを読む
    • 2015/09/19Posted by ブクログ

      近くに阪神電車の踏切があって、一日中チンチンとなっているような、更に百メートルもゆけばドヤ街があって、競艇のある日は、人であふれる安い飲み屋が続いているような、そういう尼崎の下町。に開業して20年にな...

      続きを読む

    セーフモード