生死の分水嶺・陸羽東線(新潮文庫)

西村京太郎

561円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    父親らしき男とともに、なにかを探し求めて鳴子温泉を訪ね歩いていた若い女性。その死体が、一つの川の流れを日本海と太平洋に分かつ分水嶺の傍らで発見された。東京下町の名曲喫茶に勤める彼女には、六年前に殺人事件を起こし、逮捕されるという暗い過去があった。そして、喫茶店の同僚にも魔の手が――十津川警部が分水嶺に見た運命の分かれ道とは? 迫真のトラベルミステリー。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード