石川啄木

ドナルド・キーン/角地幸男/訳

1,900円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

    生地日戸村には一切触れず、啄木が自らの「故郷」と呼んだ渋民村。函館、小樽、釧路を転々とした北海道での漂泊。金田一京助とのあいだの類いまれなる友情。そして、千年に及ぶ日本の日記文学の伝統を受け継いだ『ローマ字日記』。膨大な資料をもとに啄木の生涯と作品を丹念に読み解く、九十三歳の著者が精魂傾けた傑作評伝。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード