朝ごはんぬき?(新潮文庫)

田辺聖子

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私、明田マリ子、ハイ・ミス。OLのとき年下の男に失恋して、いまは有名な女流作家、秋本えりか先生の家でお手伝い兼秘書兼イヌの散歩係。月末になると、いろんなタイプの編集者が原稿催促におしかけてくるが、なかでも美青年編集者鈴木ノボルクンがくると、先生は仕事そっちのけでウロウロソワソワ……。人気女流作家の私生活と、ハイ・ミスの複雑な心境をユーモラスなタッチで描く。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/21Posted by ブクログ

      出てくる人みんな訳わからん。マリ子は大変やろなあと思っていたけど、最後の方なんてマリ子も楽しんでる。読むと元気な出る話。

    • ネタバレ
      2015/09/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/06/07Posted by ブクログ

      何でもない日常がほっこり続く幸せ。昭和54年の時代に書かれた作品だとはとても思えないくらいハイミスの事情が可笑しくて新鮮。

    開く

    セーフモード