飛田をめざす者 「爆買い」来襲と一〇〇年の計

著:杉坂圭介

1,485円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古き佳き時代の遊郭の面影を残す伝説の歓楽街、大阪・飛田新地。営業許可がおりて一〇〇年となる今年、大きな変革が訪れた。全国の観光地、商業施設を訪れて大枚をはたく中国人たちの「爆買い」が欲望の矛先をこの街に向けたのだ。言葉の壁、嗜好の異なる「遊び」の仕方と対峙することになった遊郭と女性たち、そして節目の年を迎えたこの街はどう変わるのか――。元遊郭経営者で、飛田に女性を紹介するスカウトマンを務めた著者が描く知られざる実態。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/11/05Posted by ブクログ

      著者の飛田シリーズ第三弾。今回は飛田から引退していた著者が「料亭」の共同管理者として復活し、また引退するまでの模様を描いている。

      今回の話の中心は、売り上げが落ち込んでいる飛田を外国人観光客(主とし...

      続きを読む
    • 2020/09/02Posted by ブクログ

      この本を書店の店頭で見かけ、飛田新地と増加する中国人観光客というテーマに惹かれ購入。シークレットな部分の多い街なだけに、こうした内部の人によるルポは貴重だと思う。飛田新地の料亭の経営に関して具体的な金...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/03/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001664972","price":"1485"}]

    セーフモード