病める狐 上

著:ミネット・ウォルターズ 訳:成川裕子

896円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ドーセットにあるさびれた小村、シェンステッドでは、不穏の種がひそかに植えつけられていた。何者かによる動物の虐殺、数ヵ月前に起きた村の老婦人の不審死に対してささやかれる噂、村の一角にある〈雑木林〉を占拠した移動生活者(トラヴェラー)の一団。それらの背後には、フォックス・イーヴルと名乗る謎の男の影があった。人々の緊張は静かに高まりつづけ、そしてついにクリスマスの翌日、ひとりの訪問者が村を訪れたときに、事態は予想外の形で大きく動きだす……。現代英国ミステリの女王ウォルターズが、圧倒的な筆力で書きあげた、CWA最優秀長編賞受賞作。

    続きを読む
    • 病める狐 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      病める狐 全 2 巻

      1,792円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    • 2009/09/24Posted by ブクログ

      シェンステッドの名家ロキャー-フォックス家の問題多い子供達レオとエリザベスはとうに家を出ていた。当主ジェイムズの妻の不慮の死、犯人と疑われたジェイムズは次第に追いつめられていく。折しもクリスマスの時期...

      続きを読む
    • 2009/09/24Posted by ブクログ

      新ミステリの女王ミネット・ウォルターズ、「鉄の枷」に続く2003年のCWA最優秀長編賞受賞作。
      ドーセットの寒村シェンステッドでは、不穏な空気が渦巻いていた。狐は次々に罠にかかり、ある子供は虐待され、...

      続きを読む
    • 2007/11/04Posted by ブクログ

      イギリスのドーセットの村の旧家付近で起こる不思議な出来事。フォックス・イーグルと名乗る謎の男が数々の事件の中心にいる。女性軍人ナンシーの生き方・考え方にも共鳴する。

    開く
    [{"item_id":"A001664427","price":"896"}]

    セーフモード