野心のすすめ

林真理子

756円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

「やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる」をモットーとする作家・林真理子。中学時代はいじめられっ子、その後もずっと怠け者だった自分が、なぜ強い野心を持つ人間になったのか。全敗した就職試験、どん底時代を経ての鮮烈なデビュー、その後のバッシングを振り返り、野心まる出しだった過去の自分に少し赤面しながらも、“低め安定”の世の中にあえて「野心」の必要性を説く。

続きを読む

レビュー

3.5
314
5
35
4
128
3
126
2
18
1
7
レビュー投稿
  • 2019/06/22Posted by ブクログ

    林真理子の行きる価値観が垣間見れた作品。

    世間でいう「嫌な女」を突き進んでいく中でも、野心を力に変え、努力していることが、今の彼女の成功に結びついたのだと感じた。

    「人に否定されたら、悔しい気持ち...

    続きを読む
  • 2019/06/13Posted by ブクログ

    この本で林真理子さんという人物を初めて認識。野心を持って生きていくこと、それは山を登るようなもの。平地では見えない景色が山の上からは見えると。ノムさんも言ってたことらしいが、自分は特別だという自信と自...

    続きを読む
  • 2019/06/12Posted by ブクログ

    著者らしい、野心の心得集。みんな野心はあるはずだけど、どこまで実行して、ひけらかすかはひとそれぞれ。

もっと見る

セーフモード