夢の現象学・入門

渡辺恒夫

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夢は未来予示あるいは想い人からのメッセージなのか。充たされない願望の幻覚的充足なのか。さらに脳科学や進化心理学的研究による「解明」もある。しかし、それらは私たち自身の夢実感からはかけ離れている。本書では、著者自身の夢日記や学生からの夢報告を材料として、夢という「世界」がどのような原理によって構成されそれをどのように体験しているのかを、現象学の方法によって、実際に解読していく。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/08/25Posted by ブクログ

      脳科学によって外側から夢を研究するのではなく、夢を見る
      者の当事者研究として、夢をその内側から現象学的に解き
      明かそうという試みであり、その端緒と研究への入門の仕方
      を解説した本。その試みは面白いと思...

      続きを読む
    • 2016/10/08Posted by ブクログ

       夢を題材にしたフッサールの現象学の入門書といったところ。夢の構造を明らかにすることを目的としているので解釈や説明はなくとにかく、タイムトラベルや他者になる夢がなぜそうなるのか、そうなるようにはどうい...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001664011","price":"1540"}]

    セーフモード