知識ゼロからのユーロ入門

50%OFF

著:小島健

1,144円572円(税込) 10/1まで

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    揺れるユーロ圏! EU関連ニュースの「なぜ?」と「つまり」がわかる、知識ゼロからのユーロ入門「“ユーロ崩壊”がありえない理由」や「ユーロ危機の本質」などを、図解を交えてわかりやすく解説。ユーロの誕生の経緯はもちろんのこと、経済が苦手な方のための、通貨や経済の基礎知識も収録。EUとユーロの現在と未来が分かります。各国のお国事情と財政事情も面白く解説・ドイツ●域内で最多の人口と圧倒的な経済力を誇るEUのリーダー・フランス●欧州統合を引っ張ってきた国 高い失業率に悩まされる・イタリア●都市国家の歴史から地域色が強い 南北の経済格差が大きな問題・スペイン●不動産バブルからは回復したが高い失業率に苦しむ・ルクセンブルク●神奈川県とほぼ同じの小さな国だが世界でいちばんのお金持ち!?・アイルランド●イギリスの支配下にあった最貧国 IT産業の発展で経済成長をとげた・ギリシャ●ヨーロッパ文明発祥の地だが社会的・経済的には未熟な国・スロヴェニア●旧ユーゴのなかで最も豊かな工業国 東欧でいちばん早くユーロを導入・キプロス●地中海の要所として苦難の歴史をもつ 南北に分断された国家が大きな問題・コラム:わが道を行くイギリス第1章 共通通貨ユーロってどんなもの?第2章 歴史的大実験! ユーロ誕生までの道のり第3章 経済オンチでもわかるユーロ危機第4章 ユーロ圏各国のお国事情とお財布事情第5章 これからどうなる? 生き残ったユーロとEU第6章 ユーロを理解するための通過の基礎知識

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/01/15Posted by ブクログ

      壮大な社会実験ですね、ユーロ導入。

      いろいろと問題はありますが、ドイツが適切なリーダーシップをとれば、まだまだよくなる可能性はありますね。

      ただ、せっかくここまでヨーロッパ諸国が築き上げてきた...

      続きを読む
    • 2016/10/21Posted by ブクログ

      2016年6月23日にイギリスで欧州連合から離脱を問う国民投票が行われた。投票率は72.2%に上り、大接戦の末に出した結論は離脱という答えでした。イギリスはEUの歴史の中で初めて離脱を選択しました。来...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001663276","price":"572"}]

    セーフモード