【最新刊】ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 9巻

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─

武田一義 平塚柾緒(太平洋戦争研究会)/原案協力

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

間もなく昭和22年を迎える頃、投降に失敗した吉敷と田丸は、仲間によって監禁されていた。終戦を確信する吉敷と一抹の不安を抱えながらも日本は敗けていないと信じる島田。それぞれの信念の違いが、生死を共にしてきた味方同士を対立させる。一方、日本兵の生存に気づいた米軍は緊張を高め、捜索網を広げていた。戦争は終わった、しかし、互いに殺し合った過去は消せない。そんな相手に自分の「生き死に」を預けることが出来るか。投降は博打か、救済の一手か――!? 終わらない戦場で、信念に命を懸けた若者の真実の記録。

続きを読む
ページ数
211ページ
提供開始日
2020/07/29
連載誌/レーベル
ヤングアニマル
出版社
白泉社
ジャンル
青年マンガ
  • ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 全 9 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 全 9 巻

    5,940円(税込)
    59pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2019/12/26Posted by ブクログ

    Twitterで紹介されて、ネットで試し読みしたらいてもたってもいられなくて、電子書籍で7巻まで買って、泣きながら一気読みして、今から落ち着いて一冊づつ感想を書きます。
    電子書籍で買ったことを後悔して...

    続きを読む
  • 2019/01/22Posted by ブクログ

    借りたもの。
    激戦地となったペリリュー島で何が起こったか――
    南国の楽園的雰囲気は、1話目の小山一等兵の不慮の事故死、島民と言葉を交わし彼らが疎開したから次第に不穏な空気に包まれてゆく……
    持久戦であ...

    続きを読む
  • 2020/07/27Posted by ブクログ

    平成天皇皇后両陛下が慰霊訪問を行ったことで有名になったペリリュー島の戦闘を描いた作品です。

    温かみのある、どこかほっとする絵柄で描かれている戦場の「無慈悲」な様は、あらためて平和の尊さを感じさせます...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A002416187","price":"660"}]

セーフモード