【最新刊】ナーダという名の少女

ナーダという名の少女

1冊

著者:角野栄子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    カルナバル(カーニバル)の国、ブラジル。15歳のアリコは、不思議な少女ナーダと出会う。自由奔放に生きる彼女が、孤独なアリコの目には眩しかった。サンバのリズムと鮮やかな色彩で描かれる幻想的な物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/23
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/28Posted by ブクログ

      魔女の宅急便のようなファンタジーを期待すると、現代の世界に近すぎて少し物足りなくなるような、現代小説に少しだけ不思議な要素が入った物語。
      途中まではぐんぐん読み進み、途中から少し想像できてペースダウン...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/10/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/08/28Posted by ブクログ

      少女の,自分という存在の認識過程の物語.映像を想像して物語にのめり込むことが多いが,他作品と同様本作も匂いと音を感じさせる筆致のため中々物語に入っていけない.

    開く

    セーフモード