春画で見る江戸の性事情

著:永井義男

1,089円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸時代と現代、時を超えても、性への欲求・興味は変わらない。「ハレ」の場には表れにくい性の実態を赤裸々に描く春画を通じて、江戸の性生活と人間模様を読み解く。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/12/26Posted by ブクログ

      根ざすものは今も江戸も変わんねーなーw
      こういうものが春画として残っていることに驚いた。
      またこの文化をまじめに読み解いている本書の観点は面白いと思う。
      描写のナゾ(なぜバカデカイか?)や、
      坊さんの...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001661646","price":"1089"}]

    セーフモード