ブラック・ドッグ

葉真中顕

1,595円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    目的のためには殺人も辞さない過激な動物愛護団体、<DOG>。遺棄動物の譲渡会が行われる会場に集まった隆平、栞、結愛と拓人たちは、<DOG>によって会場に閉じ込められ、謎の黒い獣に襲われる。獣から逃げるため、逃走を開始する人間たち。「ヒト」と「ケモノ」を隔てるのは何か。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    23
    5
    6
    4
    6
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/15Posted by ブクログ

      グロいと聞いていたのでずっと読むのを躊躇してたけど、躊躇してないで早く読めば良かったと思った。
      確かにグロいシーンは多い。
      でも思ったよりは大丈夫で、逆にこのシーンの数々に意味がある。
      読後、うーんと...

      続きを読む
    • 2019/11/08Posted by ブクログ

      グロ好きな読友さんおすすめの一冊。

      葉真中顕さん作品は、先日「ブルー」を読んだばかり。最近読んだ中ではとても惹かれる作家さんだった。

      昨今ペットブームからのペット問題が頻発している。そんな中ペット...

      続きを読む
    • 2019/09/17Posted by ブクログ

      過激な動物愛護団体『DOG』は、種差別の克服を大義名分とした
      テロ集団。
      ペットのイベントが行われる会場が封鎖され、ある生き物12頭が放たれた。

      想像していたものとは大きく違った作品。
      初めから終わ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード