【最新刊】ブラック・ドッグ

ブラック・ドッグ
1冊

葉真中顕

1,566円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    目的のためには殺人も辞さない過激な動物愛護団体、<DOG>。遺棄動物の譲渡会が行われる会場に集まった隆平、栞、結愛と拓人たちは、<DOG>によって会場に閉じ込められ、謎の黒い獣に襲われる。獣から逃げるため、逃走を開始する人間たち。「ヒト」と「ケモノ」を隔てるのは何か。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/22
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.5
    19
    5
    3
    4
    5
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/05Posted by ブクログ

      1作毎に作風が変わる葉真中顕。本作は昔(20〜30代?)のぼくなら、おそらく彼のベストに推したであろう作品だ。種差別の克服を主張する過激な動物愛護団体が、日本を舞台に仕掛けたテロ。攻撃手段は〈黒い獣〉...

      続きを読む
    • 2019/06/24Posted by ブクログ

      過激な動物愛護団体「DOG」は自身らの主張のためにテロを開始する。動物を好き勝手に殺してきた人間をショーのように殺し、それをメッセージとして世界に配信する。彼らが次に舞台として選んだのは東京のペットイ...

      続きを読む
    • 2019/04/12Posted by ブクログ

      犬好きにはショッキングな内容ではないでしょうか。人間に作り出され愛玩される為の犬を全否定する本なので、現在進行形で飼っている人は精神的に削られます。繁殖させられて、規格にそぐわないと弾かれる子犬という...

      続きを読む
    開く

    セーフモード