【最新刊】水を抱く(新潮文庫)

水を抱く(新潮文庫)

石田衣良

781円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    初対面で彼女は、ぼくの頬をなめた。29歳の営業マン・伊藤俊也は、ネットで知り合った「ナギ」と会う。5歳年上のナギは、奔放で謎めいた女性だった。雑居ビルの非常階段で、秘密のクラブで、デパートのトイレで、過激な行為を共にするが、決して俊也と寝ようとはしない。だがある日、ナギと別れろと差出人不明の手紙が届き……。石田衣良史上もっとも危険でもっとも淫らな純愛小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/22
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(24件)
    • 水を抱く(新潮文庫)
      2016/03/18

      [2016年22冊目]
      清浄な表の生活と、淫猥な裏の生活の間を行き来する興奮と葛藤とスリルを描いた作品。

      わかりやすく伝わるセクシーな表現と展開のスピード感で、ページ数を思わせぬ読み方をさせるのが石...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 水を抱く(新潮文庫)
      2018/01/17
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 水を抱く(新潮文庫)
      2016/03/10

      【水を抱いたことがない人には必要がない物語】

      この話を薄っぺらいと言うのは、きっとこれがフィクションだと言える幸せな人なんだろうと思う。私はちょっと前まで水を抱きしめようと四苦八苦していた。彼は水を...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード