【最新刊】不屈の棋士

不屈の棋士
1冊

大川慎太郎

864円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

羽生善治は将棋ソフトより強いのか。渡辺明はなぜ叡王戦に出ないのか。最強集団・将棋連盟を揺るがせた「衝撃」の出来事、電王戦でポナンザに屈した棋士の「告白」とは? 気鋭の観戦記者が、「将棋指し」11人にロングインタビューを敢行。プロとしての覚悟と意地、将来の不安と葛藤……。現状に強い危機感を抱き、未来を真剣に模索する棋士たちの「実像」に迫った。

続きを読む

レビュー

4.2
27
5
11
4
11
3
5
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/11/03Posted by ブクログ

    コンピュータ将棋に対峙する棋士のインタビュー。2016年。
    羽生、渡辺のトップ棋士から、棋士の中でも先駆者と言われてる勝又、西尾、千田、そして背を向ける佐藤康光、行方まで色んな人のインタビューがあり、...

    続きを読む
  • 2018/10/19Posted by ブクログ

    「棋士が個性や特徴を出すのは必要。そこが将棋の魅力だからね。
     将棋世界2016年8月号 中原誠十六世名人の発言(P85)より」
    「プロになれば、皆さんに楽しんでいただくという意味では、個性があった方...

    続きを読む
  • 2018/10/06Posted by ブクログ

    その能力を飛躍的に高めついに棋士を破るようになった将棋ソフトに対して、棋士たちの想いをインタビューした作品です。
    具体的に、特定の個人の業績について書かれている本ではなく、11人のプロ棋士たちが「AI...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード