【最新刊】エスケープ 2014年全日本選手権ロードレース

エスケープ 2014年全日本選手権ロードレース

佐藤 喬(著)

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2014年全日本選手権ロードレース。冷たい雨の中行われた当レースは、誰もが予想できない異例のレース展開となった。221.2km、5時間41分49秒にも及ぶ戦いの最中、主要チームと選手たちは何を考え、どう走っていたのか? メディアでは報じられなかった、選手たちの知られざる思惑とドラマを描くスポーツノンフィクション。サイクルロードレースでは、常に「逃げ」集団(エスケープ)が見られる。逃げとは、大集団から少数に選手が飛び出し、先行することを目指す。逃げ集団の多くは、自チームにエースを助ける「アシスト」選手と一か八かの逃げ切り勝利を狙う選手によって構成され、捕まる運命にある。しかし、2014年の全日本選手権ではメイン集団が逃げ切りを許してしまった。本書では、主要選手への取材に基づき、逃げ集団とメイン集団の中でどのようなドラマが展開されていたかを描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/22

    レビュー

    レビューコメント(10件)
    • エスケープ 2014年...
      2018/06/12

      逃げ集団の逃げ切りが成功したという2014年の全日本選手権ロードレース。チームのエースを勝たすための逃げ集団が優勝を争うことになった背景には何があったのか。
      ゴールまで残り○○㎞と、章が進むごとにゴー...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • エスケープ 2014年...
      2019/08/22

      2014年の全日本ロードレースのノンフィクションという感じだけど、選手のバックグラウンド、レース展開がプロフェッショナルのナレーターみたいに淡々と描かれていて読みやすい。逃げとプロトン、その中の心理戦...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • エスケープ 2014年...
      2017/01/08

      これはすごい。購入してカフェで読み始めて一気でした。冷静な文章の中にこれだけのドラマ。決して煽られてはいないのに最終周回では胸が熱くなりました。最高のドキュメンタリーでした。それにしても、ロードレース...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード