【最新刊】小説『教授の恋』収録 ツインソウル 完全版 死にゆく私が体験した奇跡

小説『教授の恋』収録 ツインソウル 完全版 死にゆく私が体験した奇跡

1冊

著:飯田史彦

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2005年12月、著者は大量の脳出血を起こし、緊急手術を受けた。死を覚悟しなければならないほどの重症。しかし、何の障害も残らず、翌年2月には大学に復帰。その後、大学教授を退任、スピリチュアル研究所「光の学校」を開き、精力的な活動を続けている。著者は「死にかけた」ことで、自分に与えられた使命を知り、運命の異性との出会いをはじめとする「人生の仕組み」を知ったのだ。本書『ツインソウル』は、臨死体験で初めて知った「スピリチュアルな世界と深くつながった貴重な学び」の報告書なのである。そして本書に収録されたアドベンチャーノベル『教授の恋』は、『ツインソウル』で述べた臨死体験とその考察を、病から生還した大学教授湖南大郎が「運命の女性」との出逢いを求めて旅に出るという物語の形で語ったもの。この二作品こそツインソウル、「夫婦のようなもの」と著者はいう。「生きがい論」シリーズの頂点ともいえる二作品が、合本となってついに文庫化!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/22
    連載誌/レーベル
    PHP文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.5
    6
    5
    2
    4
    0
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/09/10EriB
      バビ

      飯田さんの本は常々読んでいて、こちらも知り合いに勧められて読みました。一見、宗教のようだと思われるかもしれないが彼自身は信仰している宗教も、所属もないとのこと。このお話が仮にファンタジーであっても、自...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/08/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/11/10Posted by ブクログ

      前半の光との対話が素晴らしく、感動しました。
      後半の教授の恋は退屈で、飛ばし読みです。
      説明口調の語りが多くて、くどく感じました。

    開く

    セーフモード