【最新刊】公園のメアリー・ポピンズ

公園のメアリー・ポピンズ

P.L.トラヴァース著/林容吉訳

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    独特のさわやかな雰囲気を味わわせてくれる「メアリー・ポピンズ」の4冊目.バンクス家を3度訪れた彼女のまわりで起きたふしぎなできごとで,これまでの3冊に書かれていないことを,6つの短編にして集めました.

    続きを読む
    提供開始日
    2016/07/21
    連載誌/レーベル
    岩波少年文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    児童文学

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      公園で起こった不思議な出来事。
      モウさんの、いってしまうことはない、という言葉。ジェインたちが子供だから、ということではなく、覚えているなら、思い出しさえすれば、いつでも会える、いつでもそばにいるのだ...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      メアリー・ポピンズシリーズは全部好き。
      メアリーの職業は子守。
      なのにすぐにどっかに行って突然戻ってくるし、雇い主より態度デカイし、恋いはするし・・・。
      ハッキリ言ってやりたい放題。
      でも、そんなメア...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      独特のさわやかな雰囲気を味わわせてくれる「メアリー・ポピンズ」の4冊目.バンクス家を3度訪れた彼女のまわりで起きたふしぎなできごとで,これまでの3冊に書かれていないことを,6つの短編にして集めました

    開く

    セーフモード