帰ってきたメアリー・ポピンズ

P.L.トラヴァース作/林容吉訳

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    メアリー・ポピンズが西風にのってバンクス家を去ってしまってから,子どもたちは彼女の帰ってくる日を心待ちにしていた.ある日,公園でタコあげをしていると,糸の先になつかしい彼女の姿が現れた.ふだんはきびしいナース(保母)のミス・ポピンズだが,彼女が語る物語は,子どもたちを不思議な冒険へとみちびいてゆく.

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(11件)
    • 2009/10/04Posted by ブクログ

      持っているのは「風にのってきた〜」と「帰ってきた〜」が1冊になっている版で、繰り返し読んだ。うろ覚えの好きなエピソードは、太陽や鳥たちと会話できる新生児が、成長するにしたがって徐々に会話することを忘れ...

      続きを読む
    • 2008/10/12Posted by ブクログ

      ご存じ「メアリー・ポピンズ」シリーズのうちの一作。
      子供が憧れるに十分な食べ物描写満載のこのシリーズ,レシピ本なども発売されていたほど。
      しかし,この「帰ってきた〜」でいちばん印象に残るのは「イチゴ・...

      続きを読む
    • 2005/03/15Posted by ブクログ

      子どもの頃、一番読み返した回数の多かった本。
      こんなに子どもの想像力を掻き立てて楽しませてくれる本はなかなかない。
      メアリー・ポピンズがつんとしていて厳しい家庭教師なのを不思議に感じながらも、そこがま...

      続きを読む
    開く

    セーフモード