鬼の詩/生きいそぎの記

藤本義一

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二〇一二年十月に亡くなった著者の代表作集。直木賞受賞作「鬼の詩」、運命的な師・映画監督川島雄三のモデル小説「生きいそぎの記」他、「贋芸人抄」「下座地獄」、講演「師匠・川島雄三を語る」。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      芸のために身を滅ぼす人間たちの鬼気迫る物語の数々。

      11PMの司会のおじさん、藤本義一に私は子供の頃に、ひっそりとその年齢では知らなくてもよいことを数多く学んだが、氏の本業は作家である。彼の描いた、...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      藤本義一の直木賞受賞作。
      絶版、というか義一の作品はほとんどが絶版だ。
      昭和の流行作家の末路なのだろうか?
      この作品はずっと気になっていた。
      ふと入ってみた遠くの図書館の片隅にあったので読んだ。
      ふむ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      市原悦子さん主演でドラマ化された「女橋」(再放送)が壮絶すぎて、あの藤本義一さんがどんなお話を書かれるのか気になり…

      「鬼の詩」は直木賞受賞作品なのだが、まぁ凄絶。桂馬喬という落語家の生涯を描いたも...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001657685","price":"935"}]

    セーフモード