ノンママという生き方 子のない女はダメですか?

著:香山リカ

1,123円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    ときどき悔やむ。ときどき寂しい。でも大丈夫。これが私の選んだ道。私の幸せのかたち。さまざまな理由で、生涯子どもを持たない・持てない女性が全女性の3割とも言われています。「女は子どもを産み育てて一人前」「女の本当の幸せは子どもを持つこと」という伝統的価値観はまだまだ強く、さらに最近は、少子化対策が国をあげての課題となり、子育ても仕事も頑張る「ワーキングマザー」が礼賛されます。そんななか、子どもを持たない人生を選んだ「ノンママ」は、何を思い、どんなふうに生きているのでしょうか?子どもを持たなかったそれぞれの事情、悩みと葛藤、後輩ワーキングマザーとの軋轢、介護と自分の老後の不安等々。「ノンママ」のリアルな胸のうちを、自身もノンママである精神科医の香山リカ氏が、ときに切なく、ときに明るく描きます。ママもノンママも、シングルも既婚も、すべての女性を応援!!

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    14
    5
    2
    4
    3
    3
    7
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/22Posted by ブクログ

      本書でちょっぴりノンママの切ない気持ち、とまどい、現実の壁、これからの夢などを確認したら、後はママ、ノンママ、シングル、既婚などに関係なく、垣根を越えて女性どうしフォーメーションを組んで、この現実に立...

      続きを読む
    • 2019/05/04Posted by ブクログ

      子どもの頃に、「自分もいつか子どもを持って母になりたい」と思ったことがない。分かる。
      今は仕事が忙しいからとか何とか言って何となく歳を重ねている。分かる。
      話題も生活も子ども中心のお母さんたちに違和感...

      続きを読む
    • 2018/12/12Posted by ブクログ

      私もママになったばかりだから、ノンママ・ワーママどちらの気持ちもわかる。
      ハラスメントについては結局「触れない」のが一番なのかな。。
      自由でいいね、もダメだと思う。

      「産んでみなけりゃわからない」と...

      続きを読む
    開く

    セーフモード