ミルキーピア物語(8) 成層圏スタジアム

著:東野司 イラスト:横山えいじ

486円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

電脳ベースボール、試合開始! スポ根モードに入ってしまった鳴琳に戸惑う秀人は… スポーツネットのベースボールエリア「コスモスリーグ」に、麻薬ウイルス使用による八百長の噂があるという。捜査の依頼をうけたネット探偵局・ミルキーピアの秀人や鳴琳たちは、人気実力ともにナンバーワンの湘南トルネードーズに選手としてもぐりこむ。しかし、リーグ三連覇めざして一生懸命にベースボールにとりくむプレイヤープログラムたちの姿を見た秀人たちには、麻薬ウイルスの噂などとても信じられないのだが……。 1987年5月号のSFマガジンに初登場して以来、絶大な人気を誇ったドタバタ電脳SF小説「ミルキーピア物語」シリーズが、横山えいじのイラストを完全収録して電子で復刊! 「バーチャルアイドル」や「ネットの世界にダイブする」という概念を日本で初めて扱った元祖的な名作であり、本書はその第8弾。以下のエピソードを収録している。第9話 成層圏スタジアム●東野 司(とうの・つかさ)1957年、愛媛県生まれ。横浜国立大学大学院中退。テクニカルライターを経て、1986年『赤い涙』(「SFマガジン」早川書房)でデビュー。主な著書に『ミルキーピア物語』シリーズ、『地球SOS』(早川書房)、『よろず電脳調査局ページ11』(徳間書店)、『電脳祈祷師』(学習研究社)、『展翅蝶』(エニックス)など。また、2013年子ども向け書き下ろしSFシリーズ「21世紀空想科学小説」企画立案。同シリーズ『何かが来た』(岩崎書店)。日本SF作家クラブ会員、日本児童文学者協会会員、日本文藝家協会会員。日本SF作家クラブ第17代会長。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード